自律神経失調症 めまい 不眠 更年期 頭痛 神戸市 三田市 西宮市


自律神経が失調するとは




自律神経とは末梢神経のひとつで、内臓の調整をしています。汗をかいたり、ドキドキしたりするのはすべて自律神経の働きです。



この内臓の調整をしている自律神経が失調すると、さまざまな症状を引き起こすことになります。


頭部症状

あたま

頭痛、めまい、ふらつき、耳鳴り、難聴、ほてり、乗り物酔い、光がまぶしい、ぼーっとする、集中力がない、口が苦いなど

頸部症状

くび・のど

がんこな首のコリ・痛み、肩のコリ・痛み、喉の異物感、喉の渇き、飲み込みづらいなど

胸部症状

むね

ドキドキする、胸がしめつけられる、脈がおかしい、胸がざわざわする、息苦しい、息が吸いづらいなど

腹部症状

おなか

腹痛、下痢、便秘、腹部の違和感、生理痛、食欲が出ない、お腹が張るなど

精神症状

こころ

あせり、不安、不眠、いらいら、落ち込み、やる気がでないなど

その他の症状

その他

起立性調節障害、うつ、身体のあちこちが痛い、手足のしびれ、手足の冷えなど

メールでのご相談

 自律神経失調症は多岐にわたりますので、分からないこともあるかと思います。「自分の症状は治るのか?」「自分は自律神経失調症なのか?」など、ご遠慮なくお問い合わせください。

a:278 t:2 y:1