ストレートネック


ストレートネック.comの説明

ストレートネックとは
 ストレートネックとは、頚椎の生理的前湾角度30度以下の首の状態をいいます。この「ストレートネック」という名前は、首がまっすぐに歪んだ状態を示す言葉ですので、病名ではありません。正常な人の首の前湾角度は30~40度です。慢性的な 頭痛・首の痛み・肩こりに悩む人の多くはこの角度が少なく、病院でレントゲンやMRIを撮ると正常よりも首がまっすぐですね、という説明を受けることになります。
 次の動画は正常な頸椎からストレートネックになっていく様子を表しています。最後のほうはリバースカーブ(後弯)になっていますね。
原因① 不良姿勢
 慢性的なうつむき姿勢を取ることにより、首の生理的なカーブが失われ、ストレートネックになります。長時間のパソコン作業やスマホ操作はもっとも代表的な原因です。最近ではスマホの爆発的普及によりスマートフォンの使い過ぎによるストレートネックが増えてきています。
原因② スポーツ障害による
 バレエやダンスなどによる姿勢矯正や、格闘技(ボクシング、レスリング、柔道、総合格闘技 など)による頭部や首への衝撃、顎を引き背中を丸くした姿勢から引き起こされます。
 また、スキーやスノーボード転倒、車の衝突事故などによる「むち打ち」からもストレートネックは生じます。
原因③ 老化・加齢
 頚椎椎間板症や頚椎症など、首の椎間板や骨の退行性変性から起こります。
タイプ① 猫背・不良姿勢
 これがもっとも一般的でほとんどのストレートネックは「猫背(肩巻き猫背)」や「不良姿勢」に起因しています。これは顎が前に突き出た「頭部前方突出姿勢」をおこし、首をまっすぐにします。肩巻き猫背は背中がさほそ丸くなっていない場合もあるので『隠れ猫背』とも言われ、本人が猫背である自覚がない場合があります。
タイプ② バレリーナ
 実は一見、姿勢の良い人にもストレートネックの人がいます。バレリーナやダンサー、アイススケーターのような人たちです。このタイプの人は首だけでなく背骨全体がまっすぐ(ストレートバック)になる傾向にあります。
 例えば、バレリーナの場合、くるくる回転する動きがあります。より効率的に回転するためには回転軸はまっすぐの方が効率が良いので(ちょうどコマの軸のように)背骨の生理的弯曲(S字)から弯曲のすくないまっすぐな形へと変わっていきます。首の骨(頚椎)も背骨の延長なので首もまっすぐ、いわゆるストレートネックになっていくのです。背骨全体がまっすぐなので見た目は姿勢が良く猫背ではありません。
 また、生まれつきの体型で背骨の弯曲が少ないタイプの人もいます。バレリーナでなくてもこのタイプに属します。
タイプ③ 骨盤・股関節
 骨盤や股関節に歪みが発生している人の場合、それを補うために背骨全体のバランスが変わってきます。骨盤の前傾が強かったり、後弯が強かったり、また骨盤が前に出ているタイプの人。股関節の場合は、変形性股関節症や臼蓋形成不全があり股関節がうまくかみ合わない場合、多くはそれを補おうとして骨盤が前傾します。その結果、背骨全体の弯曲に影響を及ぼし首の生理的な前弯の失われストレートネックへと変形していくことがあります。
タイプ④ 足
 足の3大疾患には、“外反母趾・偏平足・足底筋膜炎”があります。また、最近多いのは「浮き指」と言って足の指が地面に着かず浮いているタイプです。一見ストレートネクとは関係がないように思えますが、実はこれらは首のバランスを取るのと大きくかかわりがあるのです。綺麗な足の形があって綺麗な骨盤の傾斜が保て、綺麗な首の前弯が保てるのです。
症状
 ストレートネックには以下のような症状があります。頭痛、肩こり、首痛、首が動かない、頚椎症、椎間板症、上が向きにくい、めまい、ふらつき感がある、手のしびれがある、寝違いを繰り返す、枕が合わない、逆流性食道炎、胸焼け、吐き気がする、自律神経失調症、うつ等。
対策
 初期の場合や症状が軽い場合は、首局所のマッサージやストレッチなどで症状が改善する場合もあります。ですが、ストレートネックは首だけの問題ではないので、なかなかそれらだけでは解決してくれないことが多くあります。より根本的な解決をはかるためには体全体の骨格から改善することが必要になります。

ストレートネックドットコム参照

当治療院の考え方

原因を探る
 ひとりひとり、ストレートネックになる原因は異なります。ストレートネックドットコムにあるように、姿勢やスポーツ、加齢などで引き起こされるのです。ですから、その人の原因を見極めることがまず第一に行うべきことです。
首の体操だけでは無理
 頸椎が真っすぐになるためには、他の要素もそれに合わせないと、首はストレートになれません。だから、頸部だけの運動やストレッチ、エクササイズを行ったところで、うまく湾曲を再獲得できることは難しいのです。
原因は?
 腕、肩、頸椎以外の背骨、肋骨、骨盤、股関節、膝関節、足関節、そして視力もまた原因になる可能性があります。もちろん、屈筋群が強くなる成長過程には屈筋群を抑制して、伸筋群を応援するような神経刺激を与えなければいけません。
道具も必要
 とはいえ、ストレートの状態で固まっている期間が長ければ長いほど、硬くなっているのでストレッチは必要になります。そこで、楽に弯曲を再獲得できる方法があります。それは頸椎を前弯させるようなマクラの使い方をすることです。
当院の治療
 物療(電気療法)、整体、運動処方にて、改善を図ります。早い人で1か月もすれば楽になってきます。戻りの少ない方法、そして治療を卒業しても自分でコントロールできるエクササイズの方法をしっかり学んでいただきます。

 医師法の問題、景品表示法の問題がありすべてをここにお書きできませんが、当院はとにかく皆さまに良くなってまた元気な生活を送っていただきたい一心で、日々施術を行っております。辛い方はそんな法律などどうでもいい、とにかく楽になれるなら助けてほしいという気持ちでいらっしゃいます。ですので、ここにお書きできることには限界がありますので、もし辛くて仕方ない方がいらっしゃいましたら、直接いらしてご相談ください。