リアライン・コア

全腰痛の9割近くが「原因不明?」

 元腰痛学会の会長をされていた菊池教授が「9割近くの腰痛は原因が分からない」と公言されていました。


 これらの原因不明な腰痛は「非特異性腰痛」と言われます。特別異常な性質のものではない、という意味です。


 では、1割強の「特異性腰痛」とはどんなものなのでしょうか?


腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「圧迫骨折」「脊椎炎や癌の転移」「大動脈瘤」「尿路結石などの内臓疾患」


 これらは原因が分かる腰痛と言われています。もちろん、これらが本当なら処置が緊急に行われなければいけません。


 しかし、日常お目にかかるほとんどの腰痛は、これらが原因ではありません。ですから、原因が分からないと言われているのです。


 では、9割近くの「原因不明」とされる腰痛の「原因」とは何なのでしょうか?


 そのほとんどは「歪み」に起因します。


 では、なぜ原因不明と言われるのでしょうか? それは、レントゲンやMRIなどの画像診断に筋肉の状態は写らないのがあげられます。


 そして、もう一つは腰椎に異常はなくても、骨盤や胸郭に異常があり、動きがおかしくなっている時です。動きは画像診断装置では評価できません。


 だから「歪み」からくる腰痛は「原因不明」とされてしまうのです。

胸郭と骨盤の「歪み」に注目した最新の治療

 腰が痛いなら、腰に何らかの治療をすることが主流に行われてきました。


 そもそも腰椎の上下を見てみると、上には胸郭があり、下には骨盤です。土台の骨盤は大切ですから、文献はたくさんありますし、骨盤を治さなければいけないと主張する治療法は数知れず存在します。


 しかし、土台が骨盤として、そこに立っている柱が腰椎になり、その上の胸郭が屋根にあたります。この構造を見てみましょう。

骨

 上の絵では、腰椎(柱)は骨盤(土台)に乗って、胸郭(屋根)を支えているように見えませんか?
 そう考えると腰椎(柱)が単独で悪くなるというのは考えにくく、胸郭(屋根)が歪んだり、骨盤(土台)がねじれたりすると、腰椎(柱)に影響するのではないでしょうか?


 この胸郭(屋根)と骨盤(土台)のゆがみをなくすことで、腰椎(柱)の動きを正常にしようというところから、リアライン・コアは始まりました。

体に固定装置を取り付けての運動

 この「胸郭―骨盤」の歪み理論を理学療法士である蒲田和芳先生がある装置に応用されました。それをリアライン・コアといい、胸郭と骨盤を固定して体を動かす装置です。


 歪みを矯正した後で、下の写真の装置を胸郭の下部、骨盤に二つ取り付けます。

リアライン・コア

 そして体を動かすのです。

リアライン・コア 動き

 歪みがない状態に固定したまま、動くのです。すると、筋活動、筋伝達が正常化するため、症状が出にくい体になります。
 また、アスリートなどは理想のアライメント(骨の位置)にできるため、動きが改善してパフォーマンスが上がるのです。

トップアスリートも使用

 2013年の大晦日、プロボクサー井岡一翔選手が防衛を果たしたのは記憶に新しいですが、彼もまたリアライン・コアでコンディションを整えていました。
 野球界では、巨人軍の杉内俊哉投手がリアライン・コアで球威を増すようなトレーニングをされています。

リアライン・コンセプト

ぜひ当院へご相談ください

受付時間日・祝
午前(9:00 ~ 12:00)×
午後(16:00 ~ 20:00)×××

☎予約関係専用電話 ※患者さま専用ダイヤル

(078)981-1089

a:3131 t:1 y:1