【産後の情報】産後、大きくなったお尻を小尻にする方法

お尻が大きくなった! 産後、小尻になる方法

産後、お尻が大きくなってびっくりする方はいませんか?

本当は「妊娠中」から大きくなっているのです。

そして、極めつけが「自然分娩」で最後に「エイッ!」と骨盤を開く。だから赤ちゃんが産道から生まれることができるのです。

ヤフー知恵袋で「骨盤は開かない」と回答している方がいますが、何のエビデンスもない回答です。骨盤は開いています。この「開く」という定義があいまいなまま、適当に否定したり肯定したりしても、意味がありません。

当院はちゃんと「開く」というのはどういうことか、定義をしています。そしてそれに対してエビデンスがある施術を行っております。


さて、大きなお尻という定義と「開いた骨盤」は似ています。

この大きくなったお尻を小さくするためには、骨盤を閉じることが必要です。小さいお尻の骨盤は閉じていますから。

そして、骨盤だけ閉じるなら、とても簡単です。

施術者は必要ありません。

あなたは骨盤ベルトをお持ちではありませんか? そのベルトを前は恥骨結合を通るようにして巻きます。後ろは仙骨の下部です。

ベルトが腰にまで上がると上過ぎます。この位置でベルトを巻くと、逆に骨盤が開きます。

ベルトは日常生活で動いていると上がりますので、できるだけ下げてください。


ただ骨盤をしめるだけなら、施術者は必要ありません。

ベルトでの骨盤ケアはデメリットもあります。

⑴ 歪んだまま締まる

 左右の捻れが生じます。その捻れをほおっておいたまま、ベルトで締めると、歪みが余計にひどくなり、そのまま固まることもあるのです。

⑵ 小尻になるとはかぎらない

 ベルトで骨盤を締めたら小尻になるんじゃないの?と思うかもしれませんが、この考えには問題があります。小尻になりたいという目的のために、骨盤周辺にベルトを巻くのはあまり関係ありません。

 なぜかというと、ここには股関節の角度が計算されていません。股関節の角度により、お尻の筋肉が締まるのか、たるむのか、決まってきます。本当に形のいい小尻にしたいとお思いでしたら、股関節の角度計算を無視できないのです。

このようなデメリットがありますので、ベルトで縛るという方法はあまり得策とは言えません。

現在、いろんな研究がなされてきており、産後のママさんのお身体についての研究結果がどんどん発表されています。

そこで、ベルトを巻くだけの産後ケアは推奨されていません。あくまでも、補助的な使い方です。 

ちゃんと産後ケアするというのは、骨盤をしめるということではないのです。

専門性が高い当院の骨盤ケアをぜひご体感ください。


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

☎予約関係専用電話 ※患者さま専用ダイヤル


a:144 t:4 y:0