【めまい・ふらつき】めまいが治りにくい理由 ~神戸市・三田市・西宮市の整体・鍼灸~

めまいが治りにくい理由

当院には「病院へ行って薬を飲んでいるが、めまいやふらつきがすっきりしない」「めまいで緊急入院して退院したが、すっきりと治っていない」などの訴えで多数いらっしゃいます。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

簡単です。小学生でも分かります。

それは、原因が解消できていないからです。


病院では薬を飲んだり、薬を点滴したりします。

ただ、それで良くならないからお困りなのです。

原因はさまざまあって、薬で解消しないから、いつまで経ってもすっきりしない状態が続くのです。

原因には以下に挙げるものがあります。

☑ 首の歪み、頭蓋骨の歪み
☑ 首こり、肩こり
☑ 体性感覚の問題
☑ 体液循環の問題
☑ リンパ循環の問題
☑ 栄養の問題
☑ 心理的な問題

これらを薬一つで良くしようとしても、それは無茶ってものです。

アプローチはそれぞれで異なりますから、それぞれに合った施術が必要です。


やはり、病院ではたくさんの患者さんに対応するため、そして保険診療で低価格で抑えるため、「短時間でさっと診察し、薬を処方する」というやり方になります。

すると、一つ一つの細かいアプローチはおいておいて、とにかく血流改善や利尿剤、抗炎症剤などの薬を処方するしかないのです。

この多人数に対して単一アプローチの医療は、病院が少ない時代、それでも国民に広く医療を浸透させるための方法としてはある程度貢献しました。

医療を広く浸透させるためには高価では無理なので、安価な薬で対処する方法が考えだされました。それが3時間待ち、1分診療を生み出したのです。

ただ、そのやり方にも限界があります。しかも、病気に対していろいろなことが分かってきた現代、この旧時代のマスメディカル的な方法は、個を大切にする現代にはマッチしなくなってきたのです。

その証拠に、医学の専門書を紐解くと、ちゃんと説明がなされていて、アプローチ法は薬だけではないことが分かります。

これらのアプローチを行う医療機関がほとんどないことも、また治りにくい理由の一つになっています。

もし、長引くめまいやふらつきでお困りの方は、一度当院にご相談ください。


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

☎予約関係専用電話 ※患者さま専用ダイヤル


a:56 t:6 y:3