【私の視点】成長痛だって? それ誤診ですよ! ~オスグッドなら三田市|西宮市|神戸市の整体・整骨・鍼灸~

成長痛という誤診の嵐

 今回は「ひょっとして分かっていない?」ということをお書きします。

 小学生が「膝が痛い」といって整形外科に行って、「成長痛」という言葉で片づけられて当院へ来られます。

「成長するまで痛みは取れないよ」

 そんな言葉で診察は終わりです。

 ほんまかいな!

 というツッコミを入れたくなる話です。


成長痛って、必ずしも成長途中で起こる痛みとちゃうで!

 成長痛とは「成長期(幼児期、学童期、思春期)の子供の足(下肢)の痛みの総称」です。

 どんなものかというと、要は成長途中で起こる「なぞの痛み」です。

 特徴は以下の通りです。

夕方や夜、夜間や朝方に痛みを訴えることが多い
不定期に痛む
幼稚園や学校にいる時は痛みを訴えることが少ない
痛い部位に腫れや圧痛(押すと痛みを感じること)・関節可動域制限など、炎症所見はない
レントゲンで異常なし

 上記のものを「成長痛」と言うんです。

 特に赤字のところが見落とされがちです。

 ですから、何でもかんでも成長期に脚が痛かったら「成長痛」ではないんですよ。


誤診か? オスグッドが成長痛?

 成長するまで治らない・・・

 これを素直に聞いて、シップを貼って様子を見る親御さんがいます。

 一方で、「治せないなら、他の医療機関へ行こう」と当院に来られる方もいます。

 「オスグッド」を「成長痛」と誤診された子供が、当院にはたくさん来られます。誤診の嵐です。

 その子たちの脛骨粗面(スネの骨の前上部)を押すと、飛びあがるほど痛がります。

 オスグッドじゃないですか。でも、見た目はそれほど変形していないこともありますが。エコーで確認すると見事にオスグッド

 オスグッドなら「スポーツ障害」ですよ。

 「成長痛」なら治療法はありませんが、「スポーツ障害」なら治療法は山ほどあります。

 せっかくの成長期の子供をがっくりさせないで!


当院は的確な見立てから施術をします!

 当院は根本原因を取り除くという理念を元に施術やアドバイスを行っております。

 ですので、オスグッドスポーツ障害だからといって「治りにくいので、上手に付き合っていきましょう」といった逃げはしません。

 テーピングでごまかして延々と通わせるようなこともしません。

 ベルトをつけさせて、無理やり練習をさせることもしません。

 なぜ脛骨粗面(スネの骨)に力学的ストレスがかかるのか?

 それを一人ひとり見極めて、最適な治療プロトコールを提案いたします。

 もし、本当に治りたいとお思いでしたら、一度ご相談ください。



メールでのご相談

 ご自身の症状について疑問があればメールを使ってご質問ください。メールでは、どんなセルフケアをしたほうがいいかなど、具体的な内容には答えられませんので、ご了承ください。


受付時間日・祝
午前(9:00 ~ 12:00)×
午後(16:00 ~ 20:00)×××


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

a:53 t:2 y:0