【起立性調節障害】それって、ほんとにアドバイスになるの? ―分かってるってば!―

それって本当にアドバイス?

医療情報の中で、セルフケアのアドバイスがあります。

それを見ていると、うそでしょ?!と言いたくなるようなむちゃくちゃなものがあります。

起立性調節障害のアドバイスのほとんどが、不毛なものです。

ですが、特に不毛なのは・・・

「早寝早起きをしなさい」

というものです。


それができりゃ、苦労はせん!

もともと起立性調節障害とは、朝に自律神経の調節がうまくいかなくて、起き上がる時に血圧が上がらないので、脳の虚血が起こり「頭痛、めまい、吐き気、倦怠感をはじめとした虚血性症状」が出るのです。

ですので、朝はぐったりしています。

ところが、自律神経が徐々に切り替わり、昼くらいにはやっと元気が出てきます。

昼までぐったりと寝ていたら、夜になって眠れるわけありません。

昼から就寝までの時間が短く、メラトニンが十分に生成されないので、なかなか寝付けません。

ですから「早寝早起き」のアドバイスって、、、。

できりゃ、苦労はせんわい!

それをできるようにしてほしいから、病院に行ってるのに、何言ってるの?と不信感いっぱいのお母さんは多いです。

痩せなくて困っている人に「痩せなさい」とアドバイスしますか?

禁煙したい人に「タバコをやめなさい」と言いますか?

お酒がやめられない人に「お酒を飲まないように!」と促しますか?

「早寝早起き」アドバイスがどれだけむちゃくちゃか、分かりますよね。


短絡的な思考がこのようなアドバイスを生む

結局、今の医療では本気で治そうなんて考えていません。

こんなアドバイスしか考えつかないとは、あまりにもずさん過ぎて開いた口が塞がりませんよね。

水分、塩、早寝早起き・・・

こんなアドバイスを聞いた親御さんも、あきれませんか?

あなたのお子様は、水分不足で起立性調節障害になったわけではありません。

あなたのお子様は、塩分不足で起立性調節障害になったわけではありません。

あなたのお子様は、早く寝ないから起立性調節障害になったわけではありません。

これらは若干の効果はあるかもしれません。

が、裏を返せばほとんど効果はありません。


原因はもっと根っこにある

では、朝に起きるモードに切り替わらないのには、原因があります。

もっと根っこのところにです。

それを治そうとしないで、ただ対症療法の薬と意味のないアドバイスを継続したところで、治りません。

西洋医学では「起立性調節障害の病態は把握している」(血圧があがらない等)が、「原因は不明である」と定義されています。

言いたいのは、原因が分かっていないのに、治せるのか?ということです。

だから、

低血圧には昇圧剤

頻脈には整脈剤

めまいには抗めまい

頭痛には鎮痛薬

といった処方でしか対処できないのです。

でも、これでは一時的に症状は軽くなるかもしれませんが、また症状は戻ります。

あなたのお子様の調子は「朝起きれないことに伴う諸症状」だけですか?

他に問題はありませんか?

まずは精神的なものは除外してください。

どうでしょうか?


エビデンスより結果主義

さて、昨今では「エビデンスはあるのか?」とか、「EBM(Evidence based medicine)根拠に基づく医療」とか言われたりします。

特に西洋医学が代替医療を非難するときに使われます。

ここでのエビデンス(根拠)とはどういうものでしょうか?

起立性調節障害は西洋医学では「原因不明」と言われているということは、治せる根拠はありません。

原因が分かっていないのですから。

すると、医療の根幹をなす「エビデンス」がない治療をしているということになります。

医師からは「この治療はエビデンスがありませんが、昇圧剤を飲みますか?」と説明を受けている親御さんは一人もいません。

インフォームドコンセントすらできていません。都合が悪いことは言わないということです。

そして、このエビデンスが曲者なのですが、ほとんどの場合は投薬や手術でしかエビデンスがないのです。

つまり、薬を飲むか、手術をするかしか、エビデンス(根拠)がある治療とは言えないという乱暴なものになっています。

でも、薬も手術もなしで、良くなる例など起立性調節障害以外でも山ほどあります。

それらは「エビデンス」がないと言われます。

エビデンスとは、研究手順にのっとって論文を発表したものだということですが、それには莫大な費用がかかり、結局はスポンサーのお金が必要なのです。

お金でエビデンスが作れるということです。

このようなお金で買ったエビデンスには、本当のエビデンスがあるのでしょうか???

ともかく、お金で買ったエビデンスより、実際に良くなったという結果が大事です。

結果を出して、それを増やして、情報の解析・統合により、本当の健康を作る方法が見えてくるのではないでしょうか。



メールでのご相談

 ご自身の症状について疑問があればメールを使ってご質問ください。メールでは、どんなセルフケアをしたほうがいいかなど、具体的な内容には答えられませんので、ご了承ください。


受付時間日・祝
午前(9:00 ~ 12:00)×
午後(16:00 ~ 20:00)×××


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

a:228 t:2 y:1