【改善症例】病院で全く改善のない胃腸の不調から驚くほど元気になりました! ~三田市|西宮市|神戸市の整体・整骨・鍼灸~

原因不明の不調

Uさん
50代
女性

半ば藁をもつかむような感じで、電話がかかってきました。

「病院へ行って薬を飲んでいるけれど、不調が一向に改善しない。今は朝に起きられない」

電話の向こうの声は、何でもいいからとにかく助けて欲しいと訴えかけているかのようでした。

来院されたUさんは、疲れていて元気がありませんでした。更年期の年代でもあり、体に不調が出やすいお年頃です。

詳細な問診から、おおよその原因が浮かび上がっていました。

腎気の低下が基盤にあり、そこにホルモンバランスが崩れて生じた状態でした。

胃酸抑制剤、胃粘膜保護剤などの薬が処方されていました。

このような基盤があるのに、ただ「胃腸の不調」に対する処方薬を飲んでも効き目が悪く、なかなか改善しません。

鍼灸では「補気」を中心に施療をしました。


病院へ行っても改善しない不調からの生還 リアルな声

食欲不振、胃のあたりの不快感、肩甲骨まわりと背中の痛み、就寝時・寝起きめまい

2カ月程、内科や婦人科に通いましたが症状がまったく改善されず、肩甲骨まわりが痛くなり紹介してもらったもみの木さんに通うことになりました。ホームページを見ていると、病院での色々な検査では異常が見られない方の治療内容が記載されていてもみの木さんで治して頂けるのではないかと思いました。
食事内容から見ていただき、今までの不摂さがわかりましたし、アドバイス頂けたことを大変感謝しています。治療は鍼をしていただきました。現在(約2カ月)、自分でもおどろくほど元気になっていて、これからも食事面を気をつけていこうと思います。
こちらにお世話になれて本当によかったです。ありがとうございました。

※ご感想はあくまで個人的なもので、全ての方に同じような効果を保証するものではありません。


 病院でつく「病名」のほとんどが、原因ではなく「浮かび上がってきた症状」に対するものです。そして処方薬のほとんどが「表面上の症状」を消すためのものです。

 これは病気を治している訳ではありません。もっと深くに原因があるからです。

 ですから、「浮かび上がる症状」の根っこにある本当の原因を特定して、それにアプローチをすることが、本当に良くなるということなのです。

医食同源

 そして「医食同源」という言葉が昔からあるように、日々の食事がその人を殺しもすれば、生かしもします。

 ですから、薬などは二の次で、本当のことを言えば「食事」で良くなるのです。

 今の医療に欠如している大きな姿勢が二つあります。

「食事で改善する」
「根本原因を診る」

 保険医療で不可能な、この二つの「姿勢」がこれからの医療に浸透すれば、多くの人の健康の底上げが可能であると思います。


 健康はお金にはかえられない貴重な状態です。しかも不調があり、できないことがあれば、貴重な人生の時間をただ無駄に生きているようなものです。

 どうか人生の時間を捨てるようなことはしないでください。

 あなたのQOL(生活の質)を上げて、人生を終えるときに「良い人生だった」と言えるように、私たちは全力でサポートいたします。



メールでのご相談

 ご自身の症状について疑問があればメールを使ってご質問ください。メールでは、どんなセルフケアをしたほうがいいかなど、具体的な内容には答えられませんので、ご了承ください。


受付時間日・祝
午前(9:00 ~ 12:00)×
午後(16:00 ~ 20:00)×××


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

a:110 t:1 y:0