【改善症例】不眠・気分の落ち込みで服薬してもよくならなかったのが、薬なしで健康に! ~三田市|西宮市|神戸市の整体・整骨・鍼灸~

不眠・気分の落ち込みが改善!

 神戸市北区で、機能神経学、機能性医学、分子栄養学の考え方を用いて、メンタルの問題、不定愁訴など、薬を飲まずに健康に導く治療院です。

 2020年に始まったコロナ禍で、多くの方が精神疾患になっているのをご存じでしょうか?

 今回、24歳の女性もまた例外ではなく、コロナ禍で苦しんでおられました。

 コロナ禍では不透明、先行きが不安な社会になると、メンタルヘルスを崩してしまうのです。

 そのような方は最初、心療内科に行かれます。

 薬を飲んですぐに良くなればいいのですが、なかなか良くならず、薬漬けになりボロボロになる方も多くいらしゃいます。

 そのような方には本当の原因へのアプローチと、それを支える機能性医学的アプローチが必要だと思います。

 当院では機能神経学、機能性医学を学んだ専門家が、あなたの困りごとを解消します。


自律神経が失調すると・・・

 自律神経が失調すると、さまざまな症状が出てきます。

 それはなぜか?

 自律神経は体すべての機能をコントロールしているからです。

自律神経

 ですので、自律神経がおかしくなったら、不眠にもなりますし、気分も落ち込んだり、焦ったり、悲しくなったり、、、ということにも当然なります。

 ただ、なぜ自律神経がおかしくなるのでしょうか?


コロナ禍で感染しないのに体調を崩す方がいる

メンタルヘルス

 コロナ禍で感染していないのに、自律神経やメンタルヘルスを崩す方が多くいらっしゃるのです。

 なぜだかお分かりでしょうか?

 これはコロナ禍の中で、社会に不安が起こります。

 毎日、毎日、何人感染しただの、何人亡くなっただのと、ニュースで報道しています。

 こんなニュースを見ていると、不安になり、自律神経が過敏になり、やがて失調していくのです。


同じ社会不安の中でも平気な人もいる

 このようにニュースを見て不安になる人もいれば、全く不安にならない人もいます。

 同じメンタルストレスを受けているのに、夜も眠れなくなる人や、翌日にはケロッとして忘れている人もいます。

 この違いはどこにあるのでしょうか?

 メンタルストレスはないほうがいいのですが、ゼロにはできません。

 では、あまり気にしないようにすればいいのですが、、、

 体調を崩してしまう方は気にしてしまうのです。

 気にしないようにすればするほど、気になります。

 でも、平気な人もいるのです。

 その違いに踏み込んで、改善させていくのが機能性医学です。


ストレスに耐性のある自分になる!

 ストレスに弱い人、強い人がいます。

 医学はほんと、弱い人ばかりを研究しているので、病気にならないような身体になる方法は全く分からないのです。

 ストレスに強くなるには、強い人を徹底的に研究するのです。

 すると何をすれば、どうすれば見えてきます。

 それを究極的に研究しているのが機能性医学なのです。

 この機能性医学を応用して、今回の女性は本来のご自身を取り戻したのです。


不眠・気分の落ち込みが改善して脱薬できました

不眠症、気分の落ち込み

不眠症や精神的な病に悩んでいた中、こちらに通院することになりました。心療内科に通い、投薬治療を続けていたのですが、なかなか思うように改善せず、東洋医学の力をかりてみるのはどうかと思い、評判の良かったもみの木整骨院さんに頼ることにしました。先生は親身になって話を聞いてくださり、食生活の指導や生活面のアドバイスをしてくださりました。通院を始めてから約1ヶ月で薬に頼ることなく眠れるようになり、その後も、波はあったものの、前向きな気持ちになれるようになりました。先生含め、スタッフの皆様方も毎回笑顔で迎えてくださり、安心して施術を受けることができました。本当にありがとうございました。

※ご感想はあくまで個人的なもので、全ての方に同じような効果を保証するものではありません。



メールでのご相談

 ご自身の症状について疑問があればメールを使ってご質問ください。メールでは、どんなセルフケアをしたほうがいいかなど、具体的な内容には答えられませんので、ご了承ください。


受付時間日・祝
午前(9:00 ~ 12:00)×
午後(16:00 ~ 20:00)×××


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

a:200 t:2 y:0