【産後情報あれこれ】骨盤底筋トレーニングをしても、なぜ改善しないのか? ~三田市 | 西宮市 | 神戸市の整体・整骨・鍼灸~

なぜ骨盤底筋を鍛えても、尿もれは治らないのか? ハンモック理論

骨盤底筋を鍛えましょう!というブームがありました。つい最近です。

産後のみなさんは骨盤底筋をトレーニングしていますか? そして、更年期以降の女性の方々も、骨盤底筋をトレーニングしていますか?

そして、そのトレーニングは効果が出ますか?


骨盤底筋トレーニングをしていない状態と比べると、もちろんトレーニングをした方が効果があります。

何もしないよりはマシ、という感じです。

ただ、その効果は十分と言えるほど出ていますか?

あまり出ない方もいらっしゃいます。

ここは、産後直後と更年期以降に分けてお話しましょう。


骨盤底筋トレーニング

産後直後では、妊娠中から出産にかけて、骨盤底筋だけではありませんが、骨盤底筋が緩みます。

妊娠中~産後にかけて尿もれが起こりやすいのはそのせいです。

ただし、産後はほったらかしにしていても、尿もれは止まる人が多くいます。それは、骨盤底筋の緩みが「一時的」であったことと、「若さ」というメリットがあるからです。

そのため、尿もれは「自然に止まった」とおっしゃる方も結構います。

ただ、出産からずっと尿もれがあって、当たり前になってしまったという方も少なからずいらっしゃるのです。

その方にも、骨盤底筋トレーニングをお勧めしたら、比較的尿もれは改善します。


骨盤底筋トレーニング 更年期

さて、更年期以降になって尿もれが始まったという方もいらっしゃいます。

この場合、先ほどの妊娠・出産で尿もれになった方のアドバンテージ「一時的」「若さ」がありません。

年齢によって、徐々に失われていく「筋力」「回復力」が少なく、それ以降「悪化」はすれど「改善」は見込めません。

ですから、骨盤底筋トレーニングは欠かせませんが、ここで落とし穴があるのです。

ただ、弱っていく筋肉を鍛えるのでは「効果」が限定的です。

それはハンモック理論で説明できます。


骨盤底筋トレーニング ハンモック理論

ハンモックをご存じですよね。

骨盤底筋の状態もこのハンモックに似ています。

ハンモックが骨盤底筋だと思ってください。そして、上に載っている人は何でしょうか?

骨盤内臓器です。もちろん、骨盤の上にある臓器、つまり腹腔内臓器もまた骨盤内臓器の上に載っています。

ですので、骨盤底筋は一番底ということになります。

もし、この上に載っている人が二人、三人となれば、もちろんハンモックは引き延ばされて、地面につくかもしれません。

この状態が骨盤底筋の弱りなのです。

ハンモックに人が二人載っていて、ハンモックが耐えられそうにないとき、私たちはハンモックの生地を強化しますか?

まずは「一人降りなさい」となりませんか?

一人用のハンモックに二人載れば、それは無理な話です。

ですから、普通なら一人降りて、荷重を軽くしますよね。

ですが、骨盤底筋トレーニングを一生懸命行うということは、一人乗り用のハンモックを強化しているようなものなのです。

更年期以降の尿もれは、このハンモックを弱らせる上からの荷重が何年もかかっていて、限界!と骨盤底筋が悲鳴を上げた時、尿が漏れ始めるのです。

ですから、その荷重をほったらかしにして、骨盤底筋トレーニングをしたところで、効果はあまり上がらないということなのです。

もちろん、産後に尿もれがなくても、この荷重が何年も骨盤底筋にかかり続ければ、更年期以降に起こる尿もれにつながります。

ですので、産後は大丈夫だからといって、安心はできないのです。


骨盤底筋トレーニング 解決方法

では、どうすればいいのか?

骨盤底筋を鍛えるのはもちろん必要です。

ですが、上からの荷重を軽減しなければいけません。

それはダイエット?

そうお考えになるのも分かりますが、違います。

インナー筋やコア筋を鍛えるという方向でトレーニングをすると、いつまでも上から骨盤底筋へかかる荷重を解決できません。

要は、上から下へとかかる圧を軽減させるのです。

それは日常の筋肉の使い方に関わります。決して筋力を上げることだけでは解決しないのです。

もし、尿もれでお困りの方は、一度ご相談ください。

本当の解決策をご提供します。


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

☎予約関係専用電話 ※患者さま専用ダイヤル


a:47 t:1 y:2