こころ、神経、症状 ~複雑な症状を解消するために必要なこと~

こころ→自律神経→症状 手放してほしいもの

日頃、施術をしていて思うことがあります。

それはみなさん、自律神経の症状が多いということです。

不眠、肩こり、頭痛、異物感、ふらつき、冷えなど、挙げたらキリがありません。

ただ、そのような方は繊細な方が多く、自分で症状を引き起こしているかもしれません。

「生きにくくないですか?」

「こんな風に考えていないでしょうか?」

〇〇するべき
〇〇であるべき

「~べき」症候群になっていませんか?

あなたには、あなたの生き方がありますし、他の人と比較できないんですよ、本来。

でも、SNSの発展でどうしても他人の生き方(本来の生き方ではないかも)に触れる機会が多くなってしまった。

でも、そんなノイズはいりません。

あなたは世界で一人だけの存在なのですから。

その「~べき」症候群になると、自律神経が乱されます。

自律神経が乱されると、症状が表れます。体は「もうやめて!」とサインを送るのです。

最近でいうと、EXILEのATSUSHIさんの報道がありましたね。ATSUSHIさんも、責任感が強く、その重圧に耐えられなくなったのです。

責任感とは「~べき」と考えることです。

こんな状態になって、抗うつ薬や安定剤、入眠剤などに頼り、薬漬けになるあなたを見ているのは辛いです。

「~べき」を達成する「あなた」が本来の「あなた」ではないことは、体からのサインが証明してくれています。

だから「~べき」を手放せば、体は楽になります。本来の「あなた」に近づくことができます。

あなたの頭から「~べき」を一つ、一つ手放してみては?

当院では、こころに重きを置いた施術を行っています。

もし、お悩みなら一度ご相談ください。


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

☎予約関係専用電話 ※患者さま専用ダイヤル


a:86 t:5 y:1