【改善症例】偽性坐骨神経痛 Oさん ~三田市|西宮市|神戸市の整体・整骨・鍼灸~

偽性坐骨神経痛

Oさん
60代
女性

 慢性の腰痛は30年来。最近、右の臀部から大腿外側面、下腿外側面にかけて痛みが走るようになって、家族の方に「それは坐骨神経痛ではないか」と言われて来院された。

 痛くて歩くことができない。犬の散歩に行きたいのだが、脚が痛くてひきずられることが怖くて散歩に行けない。腰はあきらめているが、この脚の痛みをどうにかしたい。

 体型は「小太り」といった感じで、触診すると皮ふは硬く、腰の筋肉は柔軟性を全く失っている。脊柱起立筋の膨隆が著しく、棘突起が奥へ落ち込んでいる。

【整形外科的検査】
SLR-、ASLR-、パトリック-、大坐骨切痕tenderness-、fadire+、Ober's Test-

【神経学的検査】
脚感覚検査np、深部感覚検査np、筋力検査(L4~S1)np

【徒手医学検査】
中殿筋、小殿筋tenderness++、R-illium PI、Gillet's Test R+

 結論は、殿筋の筋膜痛である。

【治療戦略】
〇罹患筋のリリース
〇罹患筋の相反抑制筋の強化

治療前:歩けない
 ↓
治療後(1か月):犬の散歩ができるようになった

 この方の場合、30年来の腰痛が本当の治癒への邪魔をしている。肩もガチガチ、腰もガチガチでは、動きがおかしくなって当然で、四肢へと影響が出て当たり前である。


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

☎予約関係専用電話 ※患者さま専用ダイヤル


a:84 t:1 y:1