【症例改善】突発性難聴からのめまい感 Kさん ~三田市 | 西宮市 | 神戸市の整体・整骨・鍼灸~

突発性難聴からのめまい感

Kさん
40代
女性

 めまい感があり、動くとふわっとした感覚があるので来院された。これは突発性難聴が起こって、目まいで動けなくて入院した後の状態である。退院したものの、まだめまい感が残っていて、職場に復帰しなければいけないのでどうにか治らないものかと思い、来院された。

 めまいは「めまい感」という感じで、ふわ~とするもの。天気の関連性はない。

眼振-
指鼻テスト-
ロンベルク-
脈:L<R
圧痛:R天柱、R風池、R翳風、R気戸

【治療戦略:東洋医学的治療】
 前後左右上下の虚実を整える。

 治療直後の効果はよく分からないとのこと。

【第2診(10日後)】の問診では「めまい感」は軽くなったとのこと。この日の治療後は「めまい感」さらにマシになった。

【第3診(7日後)】に来院されたときには「もう症状はない」とのことでした。

 病変が引き起こすめまい(脳梗塞や脳腫瘍など)は緊急手術等の処置が行われないといけないが、それ以外では機能性めまいであることが多い。それは西洋医学の検査では原因は分からない。

 この場合、東洋医学の思想や哲学が役に立つ。何千年も人の体を症状から見つめ続けてきた東洋医学は西洋医学の解剖学を基本とした医学とは異なる。だから、西洋医学は「ひどいめまいで入院したけど、検査では異常なし」や「手術は成功、でも患者は死んだ」などということが起こる。

 今回の症例もちゃんと治療すれば必ず良くなる。


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

☎予約関係専用電話 ※患者さま専用ダイヤル


a:258 t:6 y:0