【症状改善】ヘルニアの既往がある腰下肢痛 Nさん ~三田市 | 西宮市 | 神戸市の整体・整骨・鍼灸~

腰部椎間板ヘルニア

Nさん
40代
女性

 2~3日前から腰下肢の痛みでじっとしていると痛い、座っていると痛い、寝返りすると痛い、という状態で来院された。10年前にヘルニアで整形外科で治療をした既往あり。リハビリで温熱療法、牽引療法、ストレッチ等では改善せず、鍼の治療を受けたとたんに改善したとのこと。今回もその時と同じような痛みになった。

 最近はダイエット目的で健康器具を購入し、行っていた。主に股関節内外転をする器具。

 痛み領域を手で示してもらうと、デルマトームと一致しない。触圧覚は正常。L4、S1の筋力低下なし。腱反射正常。殿部の圧痛は著明。SLR陽性。ん? 本当か? デルマトームと一致しない。SLR中に膝を屈曲しても痛みは変化しない。やっぱり!

 このような場合、整形外科ではレントゲンを撮るだろう。さらにMRIも撮るかもしれない。そこで腰部椎間板ヘルニアが確認されたら、そう診断されるかもしれない。そしてまた10年前と同じことを繰り返す。

しかし、問診で答えは出ている。

 健康器具の使用だ。急激な殿筋群の使用により、トリガーポイントが中殿筋と小殿筋に形成されて、外転筋群を使用したり、殿筋を圧迫する、伸張する状態が続くと痛みが発生する。

 治療は殿筋に形成されたトリガーポイントを不活性化させること。

治療前:8/10

治療後(当日):1/10

 治療後は「座っても痛くない!」とおっしゃっていた。

 患者さんが賢明なのは、こういった場合だ。以前に効果がないと判断した治療は行わない、というものだ。これは医療への失望とも考えられる。10年前もヘルニアが原因ではなく、筋肉のTrPが原因だったのかもしれない。こういった誤診はかなり多い。そう指摘するのは石川県の加茂整形外科医院、加茂淳先生だ。

 当院は絶対にこのようなことがないよう、医科にとらわれず幅広く患者さんの体を診ることができるように、日々知識の蓄積をしている。


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

☎予約関係専用電話 ※患者さま専用ダイヤル


a:34 t:1 y:0