【改善症例】かかとの痛み Hさん ~三田市|西宮市|神戸市の整体・整骨・鍼灸~

画像の説明

Hさん
50代
男性
主訴:右かかとの痛み

 3か月前より、踵部、足底内側(照海より下方深部)が痛い。歩行で痛い、朝起き上がり一歩目が激痛。整形外科で足底腱膜炎と言われた。レントゲンで踵骨に棘が見えた(踵骨棘)。ステロイド注射、飲み薬を処方。注射後はマシになったがまた痛くなってきたので、同じことを繰り返さないために当院へ来られた。

右踵内側足底部:圧痛++
歩行痛+
Navicular Drop+
Posterior Tibialis Weakness ++

 この場合、普通の処方は注射、薬、テーピングや足底板、ヒールパッドなどである。あとはショックウェーブ(衝撃波)などが最近の流行りである。

 ところが、Posterior Tibialis の弱化が確認できたので、筋力を上げることで内側縦アーチにかかる負担が減るはずである。すれば、根本的に足底腱膜にかかるストレスが軽減する。

 上述した普通の処方やショックウェーブでさえも「対症療法」である。根本的な治療をしている訳ではない。だましだましで後は体の自然治癒力が高まってくるのを待つだけだ。

 しかし、足底縦アーチを道具に頼らず、自分の力で支えることができるようになると、根本的な改善へのスイッチが入る。

治療前:7/10

治療後(1か月):2/10

 根本的なところを改善するために、いろんな治療法や処方を考えることは一生続くこの仕事の使命だろう。


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

☎予約関係専用電話 ※患者さま専用ダイヤル


a:200 t:5 y:0